【所得税】セルフメディケーション税制

平成29年1月より、セルフメディケーション税制がスタートしています。
これは、今までの医療費控除の特例として位置づけられています。

制度の趣旨は、簡単な病気は病院に行かずに市販薬で治しましょうということです。
対象となるのは、元来医薬品として扱われていたものが薬局でも医師の処方箋なし
で購入できるようになったスイッチOTC医薬品(Over The Counter:カウンター越しで
購入可の医薬品)です。よく見れば、薬箱やレシートにその旨が記載されています。

控除額は、購入したスイッチOTCの1年間の合計額が1万2千円を超える場合の
その超えた金額(上限が8万8千円)が所得控除の対象となります。

なお、この特例を適用した場合は、従来からある医療費控除は使えないので注意が
必要です。

税理士のSEO対策・ホームページ制作