【法人税】新型コロナウイルスで役員報酬改定

法人の役員報酬は、原則とし事業年度を通して、又は株主総会からつぎの株主総会まで、定期同額でなければならないとされています。

その例外として、つぎの2つの改定事由が認められていいます。
○臨時改定事由   ・・・ 法人の役員の職制上の地位の変更、その役員の職務の内容の重大な変更などにより定期給与の額を改定する。
○業績悪化改定事由 ・・・ 法人の経営状況が著しく悪化したことその他これに類する理由よる定期給与の額の改定する。

ところで、新型コロナウイルスの感染拡大により、会社の業績に大きな影響を及ぼした場合、又はお及ぼすことが見込まれる場合、期中であって役員報酬の減額改定をせざるを得ないことがあります。
このような場合は、上記改定事由のうち業績悪化改定事由に該当すると国税庁のホームページ「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」で公表されています。
問 6.《業績が悪化した場合に行う役員給与の減額》
問 7.《業績の悪化が見込まれるために行う役員給与の減額》

問題は、新型コロナウイルスが収束し、業績が回復した場合役員報酬をもとに戻せるかということです。
現行法では改定事由は上記2つしか定められていないので難しいのではないかと言われています。

 

∞∞ 吉岡 ∞∞

 

税理士のSEO対策・ホームページ制作