【所得税】セルフメディケーション税制の利用状況

平成29年度から定期健康診断、人間ドッグなどの「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組」をおこなって方が、自分や生計一の家族にスイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)購入しした場合には、1万2千円を超える部分の金額(8万8千円が上限)を所得から控除できることになっています。
ただし、この適用を受ける場合には、医療費控除の適用を受けることができないことになっています。

この制度をセルフメディケーション税制と呼んでいますが、知名度の低さや対象となる医薬品の種類が少ないこともあって、想定以上に利用頻度が低かったようです。


国税庁によると17年にこの税制を利用した人は2万6000人。確定申告をした2198万人の0.1%にすぎない。人口減少などを背景に大衆薬市場は縮小しており、医療市場調査のアンテリオ(東京・千代田)によると17年は1兆946億円で01年と比べ2400億円減った。(2018/6/27付 日本経済新聞より)


 

∞∞ 吉岡 ∞∞

税理士のSEO対策・ホームページ制作