【所得税】医療費控除の特例の適用を受けるための手続き

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受けるためには、確定申告をする必要があります。確定申告書には、次の書類を添付するか、又は確定申告書の提出の際に提示することになっています。

・その年に健康診査や予防接種など一定の特定の取組を行ったことを明らかにする書類
・その年に購入したスイッチOTC医薬品の領収書

セルフメディケーション税制は、スイッチOTC医薬品を1万2千円以上購入した場合に適用があり、所得控除額の上限は8万8千円です。
課税総所得金額が330万円~695万円までの人の所得税と住民税の合算税率は、30.420%です。
例えば、所得がこの範囲の方がスイッチOTC医薬品を年間で8万円購入した場合、その節税額は次のようになります。

8万円 - 1万2千円 = 6万8千円 < 8万8千円  ∴6万8千円
6万8千円 × 30.420% = 2万685円

 

税理士のSEO対策・ホームページ制作