【コラム】不動産の担税力と税金

-担税力-
担税力とは、税金を負担する能力のことです。
所得税は所得に担税力を見出し、相続・贈与税は財産の移転に担税力を見出し、消費税はその消費に担税力を見出して課税されます。では、契約書や領収書に貼る印紙税はどうでしょうか。印紙税の課税根拠は契約書や領収書などの文書の背後にある経済取引に担税力があるのだとされています。
よく税金は取れるところからとると言われますが、一面ではそのとおりだといえます。

-不動産にまつわる税金-
不動産の取得・保有・売却、相続・贈与の全ての局面で担税力があるとして、さまざまな税金が課されます。

国 税 地方税
取 得 建物等を取得すれば「消費税」、契約書や領収書等には「印紙税」、不動産を登記すれば「登録免許税」が課税されます。 不動産を取得すると「不動産取得税」、建物等を取得すれば消費税とともに「地方消費税」が課税されます。
保 有   不動産を保有することにより「固定資産税・都市計画税」が課税されます。
不動産を賃貸することによりその所得に対して「所得税・復興特別所得税」、土地や住宅以外の収入等に対しては「消費税」が課税されます。 不動産を賃貸することによりその所得に対して「住民税」、賃貸の規模によっては「事業税」、土地や住宅以外の収入等に対しては「地方消費税」、償却資産に対しては「固定資産税(償却資産)」が課税されます。
売 却 不動産を売却すれば「譲渡所得にかかる所得税・復興特別所得税」、売却した不動産が建物等の場合は「消費税」、契約書や領収書等には「印紙税」が課税されます。 不動産を売却すれば「譲渡所得にかかる住民税」、売却した不動産が建物等の場合は消費税とともに「地方消費税」が課税されます。
相続・贈与 相続の場合は「相続税」、 贈与の場合は「贈与税」が課税されます。 贈与の場合は「不動産取得税」が課税されます。

 

∞∞ 吉岡 ∞∞

税理士のSEO対策・ホームページ制作